FC2ブログ

神戸発! 関西拠点の鉄道ブログ

コツコツと日帰り一人乗りテツ旅を満喫するブログです。基本は「座って楽に鉄道に乗る」ことをモットーにしています
神戸発! 関西拠点の鉄道ブログ TOP  >  阪神 >  【阪神】 ジェットカー

【阪神】 ジェットカー

ジェットカーとは
  →鬼のような加速度をもつ鉄道車両の通称。日本では阪神電気鉄道の
    普通列車車両のこと。サンフランシスコ・ベイエリアのBARTが最強。
    (引用元:ニコニコ大百科)

関西5大大手私鉄(阪急、阪神、京阪、近鉄、南海)の中の1つが
阪神電車です。
阪神の路線は大きく2つあります。一つは、神戸の元町と大阪の梅田を
結ぶ「本線」で、もう一つは2009年に開業したなんば線です。
「本線」の名物車両が表題の「ジェットカー」です。
阪神電車の特徴は、元町ー梅田間に33もの駅があり、非常にひと駅間の
距離が短い点にあります(並行して走るJR神戸線は元町-大阪の駅数が
15駅、阪急神戸線は神戸三宮ー梅田間で16駅ですから、実にこれら
競合路線の2倍の駅数があるわけです)。
従ってダラダラと走っていると特急や急行などの優等列車の邪魔になり、
ダイヤ上でも足かせになるのですが、阪神電鉄の普通列車は非常に
優れた加減速の機能を有しているため、特急や急行の邪魔になることなく、
普通電車しか停車しない駅で乗降する乗客の役に立つ存在になって
いるわけです。
(普通電車の加減速の性能がダイヤ上非常に大きな意味を持つことは、
 今年1月に放送された「アメトーーク 鉄道芸人」の際にも話題になって
 ました(笑))

2015年に登場した5700系ジェットカー(2016年11月19日元町駅にて:本人撮影)
阪神5700系


5700系は2016年にブルーリボン賞を受賞。スタンプラリーで入手したレプリカです
阪神5700系ブルーリボン


1994年から活躍中の5500系(2017年8月19日新在家駅にて:本人撮影)
5500系1


梅田駅行き先表示板。普通列車の多くは神戸高速鉄道の「高速神戸行き」で
運行されています(2017年8月14日:本人撮影)
阪神梅田


駅数が多い阪神電車の路線図
阪神路線図






くる天 人気ブログランキング

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する