FC2ブログ

神戸発! 関西拠点の鉄道ブログ

コツコツと日帰り一人乗りテツ旅を満喫するブログです。基本は「座って楽に鉄道に乗る」ことをモットーにしています

日本の鉄道は時間が正確

鉄道旅をしていてなんともありがたいと感じるのが日本の鉄道の
「時間の正確さ」です。
時間に縛られて旅をしたいわけではないのですが、初めての
路線に乗るときはそのエリアの事情もよく分からないため、乗り換え
の状況などにも不安があります。
しかしスマホの路線情報では、乗換駅での電車が「何番線」なのか
まで載せてくれているため非常にありがたいです。
ちなみに私はYAHOOの乗換案内アプリを使わせてもらってます。


時間に正確なのはありがたい!
時計

南海難波表示


近鉄

神鉄

しらさぎ


関連記事: きままに動けるのが魅力の鉄道旅





鉄道旅行ランキング

くる天 人気ブログランキング

神戸三宮 → 大阪梅田までの最速列車は?

神戸の三宮と大阪の梅田を結ぶ鉄道会社は3つあります。
JR神戸線と阪急神戸線、阪神本線がその3つで、この3路線は
ほぼ並行して走っているため、熾烈な乗客獲得合戦?を行って
いるともいえます。
3つもの路線がほとんど並行して走るというエリアは全国を見ても
あまり例がないようで、同じ関西でも大阪ー京都間はJR、阪急、
京阪と3つあるといってもはりめぐらされているエリアに少々違いが
あるので「並行」して走っているとは言えないのですが、三宮と
梅田間はこの3路線が立体交差などで交わることもなく走っている
のです。
さて、表題の答えですが、正解は「JR神戸線の新快速」です。

          所要時間      停車駅         
  JR新快速  20分   三ノ宮ー芦屋ー尼崎ー大阪
  阪急特急   27分   神戸三宮ー岡本ー夙川ー西宮北口ー
                 十三ー梅田
  阪神特急   32分   神戸三宮ー御影ー魚崎ー芦屋ー
                 西宮ー甲子園ー尼崎ー梅田 

停車駅が多くなるにつれて所要時間も長くなっていますが、
混雑度合いも私の感覚だと所要時間順と同じで、やはり速く
着く列車を多くの人が利用する傾向にあるようです。
尚、料金はJR410円、阪急と阪神は320円で、JRが私鉄
2社に比べて90円高いです。


阪神8000系特急
(2017年8月26日相互乗り入れしている山陽舞子公園駅にて:本人撮影)
阪神8000系


JR西日本223系新快速(2017年8月19日近江八幡駅にて:本人撮影)
223系


阪急7000系特急(2017年8月26日岡本駅にて:本人撮影)
阪急7000系


関連記事: 【阪急】 関西私鉄で最も高級感を感じる阪急





くる天 人気ブログランキング

【JR大阪環状線】 大阪市内を1周する環状線

日々大阪市内をぐるぐるとまわっている大阪環状線ですが、
環状線内には大和路線及び阪和線からも列車が乗り入れてきています。

大和路快速(奈良方面)と関空紀州路快速(関西空港、和歌山方面)が
それらの列車で、環状線内の駅ではそれらの車両もたくさん見ることが
出来ます。

大阪環状線201系(2017年8月26日福島駅にて:本人撮影)
201系


2016年12月に登場した323系(2017年8月26日福島駅にて:本人撮影)
大阪環状線323系


関空・紀州路快速223系(2017年8月26日福島駅にて:本人撮影)
223系関空紀州路快速


大和路快速221系(2017年8月26日福島駅にて:本人撮影)
221系大和路快速





鉄道旅行ランキング

くる天 人気ブログランキング

【阪急】 関西私鉄で最も高級感を感じる阪急

関西の私鉄で「高級」という表現がぴったりなのが阪急電鉄です。
阪急は神戸線、京都線、宝塚線を中心にその他いくつかの支線を含めて
京阪神間を走っている私鉄ですが、芦屋、夙川、豊中などの高級住宅街の
間を結構なスピードで駆け抜けて日々頑張っています。
「マルーン色」という独特のカラーをベースにした車両が特徴で、カラーは
この「マルーン色」の車両のみとなっています。


阪急5000系(2017年8月26日神戸線岡本駅にて:本人撮影)
阪急5000系


阪急7000系(2017年8月26日神戸線岡本駅にて:本人撮影)
阪急7000系


阪急8000系(2017年8月26日神戸線王子公園駅にて:本人撮影)
阪急8000系


阪急9000系(2017年8月26日神戸線岡本駅にて:本人撮影)
阪急9000系






くる天 人気ブログランキング

【青春18きっぷ】 神戸 → 名古屋の鉄道旅 3

岡山、大阪、京都らの駅と並び、多くの路線が入り込んできているのが
名古屋駅です。
青春18きっぷを使えば三ノ宮~名古屋はおおむね3時間です。
3時間走れば普段神戸では見れない車両をたくさん楽しむことが出来ます!

関西本線「快速みえ」(2017年8月19日名古屋駅にて:本人撮影)
快速みえ


中央本線211系(2017年8月19日名古屋駅にて:本人撮影)
中央本線車両


東海道本線313系(2017年8月19日名古屋駅にて:本人撮影)
313系2


名古屋駅が近づくと名鉄と並走となります(名鉄車内より:本人撮影)
名鉄車内から見たJR・新幹線方面


関連記事: 【青春18きっぷ】 神戸 → 名古屋の鉄道旅
        【青春18きっぷ】 神戸 → 名古屋の鉄道旅 2
        【青春18きっぷ】 大垣ダッシュ
        【名鉄】 な~んもないのが魅力の西枇杷島駅




鉄道旅行ランキング

くる天 人気ブログランキング

都会の鉄道に「ゆっくり乗る」楽しみ

「男は40歳を過ぎたら一人でふらっと立ち寄れる隠れ家的な
店を持っておきたい・・・」などと書かれた本を読んだことがあります。
40歳を過ぎれば他人との付き合いよりも自分一人の時間を濃密に
楽しみ、それが人生に深みを加える・・・といったことが書かれた本
だったのですが、私はその隠れ家を「鉄道」に見い出したのです!

田舎のローカル鉄道があまり得意でない私ですが、都会は大好きで、
「都会でゆっくり普通列車に乗る」ことを自分の隠れ家にしています。
普段特急や新快速でビュンビュン通過していく駅を各駅停車で乗って
みるとこれもまた格別です。また、都会の場合、普通電車と言っても
本数は多いので青春18きっぷや各私鉄会社が出しているフリーチケット
を使えば適当に下車して気分転換も出来ます。

京阪神地区で駅数の多い私鉄の代表格は阪神電車です。
この阪神電車で三宮から梅田まで完乗した場合、時間はどれくらい
かかるでしょうか?
土曜ダイヤで調べてみますと、11:05三宮発の普通が梅田に着くのは
実に1時間16分後の12:21です。途中、御影、西宮、尼崎で特急や快速
急行と緩急接続を行い、尼崎センタープール前では特急の通過待ちで
停車するなど、優等列車の邪魔にならないように1時間以上かけて
大阪に向かう訳です。
ちなみに三宮-大阪間はJRの新快速ならば20分で到着します。
それを4倍の時間をかけて梅田に向かう・・・・これほど贅沢な時間の
使い方はあるでしょうか!しかも少々疲れて途中で下車しても本数は
多いですし、途中で特急に乗りたくなれば乗るのも構わないのです。
要するに誰にも邪魔されずにきままに鉄道旅を楽しめばいいんですよ。
鉄道ファンにとってこれほど濃密な時間はありません。


神戸の三宮と大阪梅田を120分かけて走る阪神普通車(5000系)。
ジェットカーとして有名です。
(2016年11月19日御影駅にて:本人撮影)
阪神5000系

阪神5500系(2017年8月19日新在家駅にて:本人撮影)
5500系2

JRの新快速ならば三ノ宮-大阪間は僅か20分ですが・・・
JR西日本223系新快速(2017年8月19日近江八幡駅にて:本人撮影)
223系





鉄道旅行ランキング

くる天 人気ブログランキング

【岡山電気軌道】 急カーブも魅力の路面電車

青春18きっぷで岡山に行った際はJR岡山駅の南側にある
路面電車「岡電」に乗ることもおすすめです。
私も乗ってきました!100円で乗車出来る区間もあって運賃も
安かったです。

岡電9200系(MOMO)(2017年8月13日:本人撮影)
岡電1

非常におしゃれな9200系の車内デザイン
岡電2

「城下」電停を「県庁通り」電停に向かう際に
通過する90度に曲がるカーブ。カーブファン?
には見どころ満載ですね!
岡電3

ちなみに路面電車に乗って岡山城最寄り駅まで
行きましたが、いつものようにお城の散策はして
いません。 「駅から離れない」という信念の通り(笑)

岡電4



関連記事: 【青春18きっぷ】 神戸市内 → 岡山 (2017年8月13日)
        【JR津山線】 キハ40系でのんびり出来る津山線




鉄道旅行ランキング

くる天 人気ブログランキング

「駅から離れない」ことを考えて乗ってます

プロフィールにも記載の通り、私はまだ乗りテツ歴が3年にも
満たない新人です。

最初の頃はいろんな私鉄やJRに乗り、京都・奈良などの名所
旧跡にも足を運んだのですが、なぜかしっくり来ない・・・
神社仏閣を見てもあまり感銘を受けないし、美味しい飲食店に
入っても「美味しいけど値段がなぁ・・・」などと思うこともしばしば
で、名所旧跡めぐりは長く続きませんでした。

しかし駅に戻って電車を待つ時間は好きで、適度な長時間ならば
電車に乗ることも自分は苦にならないと徐々に知るようになり、
「これならば電車乗り継ぎ旅をした方が面白いのではないか?」
と思うようになって今日に至っています。

そもそも、47歳にもなって私は体力がありません。従って名所旧跡で
大勢いる観光客に混じっても疲れるだけ。
しかし「駅を離れない」ということを中心に鉄道旅をすれば、基本的に
体力の消耗は防げます。夏の暑さ、冬の寒さも、地下駅ならば怖いもの
なしですし、大雨が降っても駅ならば安全です。

これに「絶対に座って鉄道旅をする」というモットーをくっつければ毎週
快適な日帰り鉄道旅が出来るという結論になり、これが自分の気持ちの
中でも一番しっくりきて受け入れることが出来たのです。
絶対座る


従って私のブログには、「鉄道旅行で行った魅力的な観光地紹介」などの
情報は一切載っていませんのでご了承下さい。


いろんな駅が関西にもあります
(京阪電車土居駅2016年11月19日:本人撮影)
土居駅


関連記事: 「鉄道」にこだわったブログです





鉄道旅行ランキング

くる天 人気ブログランキング

【青春18きっぷ】 新快速を乗り倒す!

青春18きっぷを使った鉄道旅=田舎のローカル線を中心に
乗る旅、というイメージを何となく私は持っていました。

しかし実際に自分がこのきっぷを手にした際、思う存分乗って
みたいと思ったのが「新快速」でした。

JR西日本223系(JR神戸線、京都線では新快速、快速用に使用されて
います)(2017年8月19日近江八幡駅にて:本人撮影)
223系



JR神戸線、京都線沿線に住んでいるとこの「新快速」のありがたみ
を感じないまま日々を過ごしてしまいますが、実はこの列車は非常に
優秀な優等列車として存在しているのです(いろんな土地に行って
いろんな車両に乗ると改めてそのありがたみが分かります)

とにかくスピードが速い、しかも特急料金なしで乗れますし、クロス
シートの車内も快適で、しかも姫路ー米原間は1日中12両編成で
運行され、大阪近郊では1時間に4本は最低でも走っていますので、
気軽に乗ることが出来る利便性も魅力です。

尚、関西で新快速が走っている区間は概ね姫路ー米原間になります。
他の関西各線は、大和路快速、関空快速、みやこ路快速など、快速は
多数走っていますが、「新快速」はありません。
従って1回あたり僅か2370円の青春18きっぷで乗り倒さないと損なのです!

神戸、もしくは三ノ宮から新快速に乗って東へ進むルートが私の
青春18きっぷおすすめルートで、

  神戸・三ノ宮で乗車 

     ↓    芦屋、尼崎停車

  大阪停車 ・・・ ここで多くの乗客が下りますのでたいがい座れます

     ↓   新大阪、高槻、京都・・・以降滋賀県内の駅を颯爽と駆け抜けて

  米原到着 ・・・ここでJR東海の新快速などに乗り換え

新快速には、「近江塩津行き」「米原行き」「長浜行き」「敦賀行き」「野洲行き」
などがあります。このうち、「敦賀行き」「野洲行き」は米原には行かないので、
 「近江塩津行き」「米原行き」「長浜行き」に乗ると、米原に近づくにつれて
車内はどんどんすいてきて混雑なく青春18きっぷの旅を楽しめます。
米原で 「近江塩津行き」と「長浜行き」は後ろ8両が切り離されて前4両のみが
近江塩津、長浜に向かいます。
ただし、米原からはJR東海の313系に乗り換えが断然おすすめです。
関西で見ることの出来ない白とオレンジの車体の313系が入線してくると
わくわくしますし、この駅始発ですのでほぼ座れます。
ちなみに米原始発で新快速もしくは快速豊橋行きがある時間帯と、普通
大垣行きで大垣で新快速もしくは快速豊橋行きに接続のパターンがあります。

JR東海313系(新快速、快速、特別快速、普通のすべてに使用されています)
(2017年8月19日大垣駅にて:本人撮影)
313系


ちなみに米原ー大垣間は車窓からかなりのローカル感を感じることが出来ます。
(この間は全列車各駅停車です(有料特急しらさぎは別ですが・・・)
この間は約30分ですので、神戸-大阪ー京都ー滋賀都会を駆け抜けてきた
車窓から一変した風景をしばらく楽しむことが出来ます。えんえんと景色が変わら
ないローカル線はかなり辛い
ことは私も経験済みですが、30分程度ならばいい気分
転換になります。大垣以東はまた名古屋に向かって街がひらけていきます。


しばしのローカル感(近江長岡ー柏原間車窓)
(2017年8月19日車内から:本人撮影)
近江長岡ー柏原館車窓1
近江長岡ー柏原館車窓2

関連記事: 【青春18きっぷ】 神戸 → 名古屋の鉄道旅
        【青春18きっぷ】 神戸 → 名古屋の鉄道旅 2
        【青春18きっぷ】 大垣ダッシュ




鉄道旅行ランキング

くる天 人気ブログランキング

【JR神戸線・京都線】 普通電車207系と321系

神戸市内のJR車両で頻繁に見かけるのが普通電車に
使用されている207系と321系です。一見すると外見も似て
いますが微妙な違いがあります。ただ、車内はどちらも似て
いますので、何も考えずに乗車すると違いに気付かないかも
しれません。

左が207系、右が321系(2017年8月19日六甲道駅にて:本人撮影)
207系と321系

207系(同じく六甲道駅にて)
207系

ちなみに207系が登場したのは1991年、321系は2005年で、
321系の方が新しい車両です。
2015年9月時点での使用比率は、207系が約65%、321系が
約35%となっています(双葉社:都市鉄道完全ガイド関西
JR編のデータより引用)。





鉄道旅行ランキング

くる天 人気ブログランキング